Friday, September 09, 2005

古本

メトロの駅構内で時折古本屋が店を広げている。流行の過ぎさった
文庫ミステリや時代小説を物色すると、特に理由もなく食わず嫌い
していた作品に出会ったりする。外れでも悔しくない値段が嬉しい。

先日もそんな一冊を見つけ、買おうか買うまいか迷った挙句、結局
買わずに帰った。帰ってから本棚をチェックすると、何とその本が
有るではないか。何だ、読んだんじゃん。でも全然覚えてないぞ。

こいつはある意味ラッキーだ。いや、もちろんド阿呆な自分を呪う
シチュエーションであることは理解しているが、忘れっぽい性質が
こんなところで倹約に繋がった、と考えることもできるじゃないか。

というわけで、さっそく本棚の文庫段を漁って、内容をはっきりと
思い出せない数冊を選び出した。これで当面は計画的デジャビュを
楽しむことができそうだ。本気で忘れてたら、その時に慌てよう♪

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home