Monday, July 06, 2009

配線

組み合わせることで力を発揮する小さなものたちが好きだ。彼らを
接続して血液ともデータとも言える信号を流し込むリンクが好きだ。
このターミナル上ではそれはパイプ、現実世界においては、配線だ。

新しいテレビ君は自分が何でも引き受けますよ、という姿勢だった。
赤白黄色の入力端子が4組もある。出力も一つついている。これは
組み合わせが楽しそうだ、ということで色々と試行錯誤をしていた。

さきほど汗をかき終った。配線図も OpenOffice の Draw で描いた。
忘れてしまう自信があるからだ。図面は Tgif が定番だったのだが、
今回 Draw 初挑戦だ。Tgif の代替にしては豪華で描きやすかった。

話を元にもどそう。実際のところ、映像信号は全てテレビに集めた。
全てと言ってもそんなに多くはなく、PS2 とヴィデオと PC の三つ。
着眼すべきは、今回の接続のためのケーブルを全て新調したことだ。

尤も、ヴィデオについては、これまで通りの赤白黄色の接続である。
新調したとは言えない。余っていた使っていない新品、を充当した。
どうしてケーブルが余っているのかについては、不問としてほしい。

アンテナ線も替えた。これまでのテレビは、同軸ケーブルを剥いて
金具にドライバで締める物体だったし、壁からテレビとヴィデオの
両方にアンテナ信号を供給したほうが、感情的にもスッキリである。

PS2 については、赤白黄色ではモヤっとした表示になった。字など
潰れて読めないものもあった。そんな時こそ D4 端子の出番である。
ゴツく太い、シールド厚め、フェライトデカめのケーブルを選んだ。

最後まで悩んだのが PC の接続だ。技術的に難しい悩みではなくて、
それを繋ぐかどうか、というポリシー的な悩みだった。実験の結果、
大画面で動画を観ると楽しい、ということがわかったので、繋いだ。

モニタ出力からはヘッドボード近くのアンプを経由してスピーカへ。
この部分は純粋に既設のラインである。これで、ベッドでぐったり
死体になりながらでも、色々なことができる。大変ハッピーである。

しかし、まだ挿してない口が一つある。RJ45 だ。どうしようかな。
挿そうかな。使わないかな。使わないんだろうな。でも、テレビに
IP アドレスを振れる時代なのだな。考えるだけで、それが楽しい。

6 Comments:

At 02:12, Anonymous たぁ said...

リモコン部分にFelicaポートとかついちゃって、テレビで買い物決済できちゃう時代ですからね。
我が家もPCのエミュレータソフトで遊ぶときは、PCケーブルかHDMIでテレビに繋いでやってます(^ ^)/

 
At 07:50, Anonymous 現役すろった said...

もしかして、自分専用のテレビ?
いいなぁ~

うちでは、せっかく買ったのに、嫁・娘・息子に占拠されています…

 
At 08:45, Anonymous ノブ said...

配線ですか・・・・テレビの後は凄い事になってます。
そこいら辺に有った300円のケーブルから、モンスターケーブルまで、ありとあらゆるコードがナイル川の氾濫の如くに・・・・。

 
At 11:07, Blogger sempreff said...

>たぁ氏

さすが S○ny 教のご家庭ですな。買物の勢いにご注意めされよ。

我が家では今のところ HDMI の端子は、埋めずに空いたままにしてあります。一応ホラ、将来的にそこを使う機器が導入されたりされなかったりする可能性がなきにしもあらず、ということで…

 
At 11:08, Blogger sempreff said...

>すろった閣下

事実上、自分専用ですね。五百円玉貯金と給付金とボーナスで頑張りましたよ。

 
At 11:09, Blogger sempreff said...

>ノブ氏

今日はリビングのテレビを裏をひっくり返していますが、絨毯のような棉埃でまいっちんぐ、です。

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home