Tuesday, January 05, 2016

年記

とんとご無沙汰である。百四十文字を越える想いが無いかというと
そんなこともないのだが、ここ用に自分で勝手に決めた四角い文体、
この形に整えているうちに思考は雲散し、霧消してしまうのである。

傾向としては、じっくりときっちりと思索を編むことをしなくなり
偶発的で散発的な思いをつぶやきに放出する頻度は高い。刹那的な、
より短絡的な性向が強まっているが、また少し綴ってみようと思う。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home