Tuesday, January 17, 2006

加齢

忙しい気分に浸っているうちに、あっという間に一年が過ぎ去って
しまった。また新たな一年を開始する時である。生まれて 35 年目、
少しは落ち着いてもいい齢だと思うが、心が幼稚なので無理だろう。

33 歳のテーマは「温故知新」だった。四文字熟語で書くと、妙に
小難しく感じられるかもしれないが、要は「今まで」を振り返って
そこから何か見つかるといいな、というくらいのアバウトなものだ。

振り返ってみよう。趣味面では今さらながら PHS カードを入手して
外出先でマシンを利用する機会が増えた。ThinkPad の HDD 換装と
OS 更新も敢行して、駄文の整理ついでに web もリニューアルした。

仕事面では、新しいサーバが入って既存のサーバの設定を振り返る
ことができた。忌まわしきサンダーボルト事件では、あるべき姿を
整理しておくことで緊急時のアドリブ作業が楽になることを学んだ。

春から夏にかけてはお客さんの LAN 構成の再構築作業で毎週地味な
テストに明け暮れていた。地味は地味なんたけど、物理層から全部
やり直すチャンスはなかなか無いので、かなり刺激・勉強になった。

業界的には「古い技術で新しいもの」の目玉的存在である Ajax の
概念に触れたのがこの年だったし、SNS や blog も本格的に始めた。
ネットワークへの依存性をさらに強めた一年だったと言ってもいい。

34 歳のテーマもぼちぼち考え始めているが、フォーカスの合った
言葉が思いつかない。言葉はただの象徴なので無くてもいいのだが。
要するに間口を広く取って、情報の入出力の機会を高めていきたい。

仕事面では丁寧な仕事を心掛けたい。最近どうも自分の仕事が雑に
なってしまっているように思えるので、かつてのようにシステムの
隅々まで神経を通わせて自分の意のままに制御しなければならない。

今既に持て余されている感のある我輩の立ち位置が今後どうなるか
組織改編がある予定で先行き不明だが、組織の意志と関係なくとも
できる範囲の「自部門に閉じこもらない活動」を展開したいと思う。

趣味面では物欲と散財は控えめにして、今あるリソースでどこまで
楽しめるか掘り下げたい。そんなわけで今年は新しいマシンを組む
のは自粛してみよう。そのかわり来年へ向けての情報収集をしよう。

blog と mixi は続けよう。2ch はほどほどに。徹夜は減らしたい。
月あたり一回未満にしなくては体がもたない。overwork も減らす。
できた時間は結局マシンを触って過ごすのが目に見えているけれど。

書いてみて実感するのは、やはりある一瞬を境に自分という存在の
連続性が断ち切られて違う何者かに成り代わることなんかできない、
ということ。所詮我輩は我輩だという流れに流れつつ過ごすだろう。

新しい一年が始まるのは新しいノートを開いた時の感覚に似ている。
ぎっしりと書き込まれるかスカスカで過ごすか、いずれにしろ己の
責任だ。自分を見失わぬ信念と判断で濃密な時間を生きたいと願う。

2 Comments:

At 07:51, Blogger kazufuruk said...

。。。自分に厳しいですね。謙虚ですね。
しかし、持て余すって何事ですかね。
ホント人的リソースの使い方が下手ですね、ここわ。

 
At 08:53, Blogger sempreff said...

>kazufuruk

いやぁ、少なくとも外向きにはこう書いておかないと(笑)
しかし、年はとりたくないねぇ。体が重く感じるよ。
単に本当に重いのかもしれないけど。

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home