Sunday, December 14, 2008

新線

ようやく副都心線に乗る機会が来た。志木からの帰りだ。行きにも
そういう選択肢があったかもしれぬが、全く発想の範疇になかった。
昔のこととは言え三年も通った経路では、つい習慣に従ってしまう。

習慣に囚われて発想の幅を自ら狭めている時に厄介なのは、自分で
その状態になかなか気付かないことだ。今日の例で言えば、志木の
電光掲示板に偶然表示されていなかったら、気付かなかっただろう。

そんなわけで、初めて副都心線に乗ったのだが、熟睡していたため
特に有楽町線との違いは感じることは無かった。渋谷方面へ出撃が
かかる日が来るが、副都心線の真髄は味わえないに違いない。無念。

4 Comments:

At 08:16, Anonymous ノブ said...

ふむ・・・使いそうで使わないルートです
渋谷に行くには、埼京線というか湘南新宿線辺りだし
和光なら東武東上線。
場所によってはとても便利なのかもしれませんね。

 
At 21:33, Anonymous たの字 said...

都会は色んな電車があるからいいよね。
今の通勤はバスだけど1時間に1本とか泣ける。電車は単線ボタン押さなきゃドアも開きませんw

時々仕事さぼって江ノ島まで行きたくなるよ。

 
At 00:13, Blogger sempreff said...

>ノブ氏

自分も別に乗りたい理由は無いんですが…、
最寄駅を通っている電車に乗らない・乗ったことが無い
ってのもまた、癪なものでして。
ようやく憂さを晴らしました♪

 
At 00:15, Blogger sempreff said...

>たの字

最近は「相互乗り入れ」が恐くて、おちおち寝過ごせないッス。半蔵門線とか千代田線とかの潜在的ポテンシャルは尋常じゃない。

日常の通勤でも、時々帰宅サボって泊まりたくなります。いいよもう車庫で。って。

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home