Sunday, May 07, 2006

仔猫

基本的にここには家族に関する記述は一切しないポリシーなのだが、
あまりにも衝撃的なメンバーが登場してしまったので、書かざるを
得ない。タイトルで誰でもわかるはずだが、なんと仔猫が登場した。

登場に至るまでの過程は面倒なのですべて省略。気付いたら、居た。
まだ目も開いていないくせに一丁前に猫だ。爪もシャキーンと尖り、
毛布の中へ中へもぐり込んでぬくぬくと丸まって鼻を抱えて寝てる。

時おり腹が減ったのか排泄の衝動か、ミュィ、ミュィ、と鳴いては
世話を要求する。ひ弱な、小さい、ふわふわした、生命。掌の上で
暖めていても消えてしまいそうで、恐い。ちゃんと成長して欲しい。



丸まっている姿は、単一乾電池よりやや大きいかも?程度のサイズ。
耳は丸耳で意外と低い位置にあり、尻尾は洋猫ほど長くない。目が
開かないとなんともいえないが、普通に三枚目な和猫っぽい印象だ。

最初は普通のタオルでくるんでいたが、それよりもミスドの景品の
ブランケットが気に入った様子だ。ただひたすらに寝まくっている。
彼が元気に駆けずり廻るようになる前に、片付けをせねばならぬな。

10 Comments:

At 02:27, Anonymous koetaro said...

猫かわいいよね

私の実家も私の大学時代に猫を飼い始めました。
当時、ひさしぶりに家に帰るといた(^^)

帰ってこない息子より猫を取るといわれ早十数年、今では猫屋敷状態です。

 
At 11:40, Anonymous Anonymous said...

我が家のうーとももを彷彿させる画像です。
こんなかわいい時代が。。。

子猫は小さい時のしつけが重要です!
かわいいからって、デレデレしないで、ビシッとしかってください。

でも、かわいすぎで私もしかれませんでしたけど。 トホ・・・

是非、お顔のお写真を載せてください。

 
At 12:51, Anonymous ノブ said...

(´▽`*)和みますな・・・・・・
(´▽`*)天使ですな・・・・・・
(´▽`*)至宝ですな・・・・・・
(´▽`*)ご飯3杯いけますな・・
もう、この後は、親バカさんの仲間入りを待つだけです。
早く来てください。こっちへ。
動き出すと、もう視線釘付けですよ(´▽`*)
その一挙手一投足全ての虜になりますよ。
子猫のうちは、爪が注射針よりも鋭く食い込みますので・・ご注意を♪

 
At 01:54, Anonymous kenta said...

もうたぶん目の前に行ったら気絶します。
どうしていいかわからなくなるその前に気絶します。

 
At 02:08, Blogger sempreff said...

>Koetaro

激しくアイソトープ。猫は可愛い。
うちの近所も猫多めだけど、貴公の実家周辺は「多め」ってより「だく」って感じだね。

「猫だく。」

…いい響きだ…

>匿名氏

今はとりあえずもそっと大きく、元気になってほしい… だけです。
弱った声で鳴かれるとまいっちんぐです。

>ノブ氏

和みます〜。我輩もいっしょに丸まりたくなります〜。
でも、いや、その、あの、ごはんはムリ。

>kenta

気絶→倒れる→下敷き という悲しいシナリオしか浮かばないので、
貴公は出入り禁止じゃ。


来週は会社をサボって猫と戯れる予定なり。

 
At 17:40, Anonymous sunao said...

かわいい。子猫は特にかわいいですね。
ペットは、あまり飼ったことがなく、
動物アレルギーなので、触れません。
インコでも飼いたいです。

 
At 18:06, Anonymous こぱんだ said...

にゃーーーっ、ちっちぇえ。悶絶。垂涎。
に、肉球見せて触らせてええ。ハァハァ。

 
At 12:26, Blogger sempreff said...

>sunao さん

今朝も小さく丸まってました。
ちゃんと育ってくれるか、本当に心配です。

インコもいいけど、最近は亀も流行ってるらしいよ。

>こぱんださん

「垂涎」の意味がわかりませんから…
肉球、っていうほどプニっとしてません。
まだまだこれから、なんだろうと思ってます。

 
At 04:17, Anonymous doubting_thomas said...

町の不動産屋さんが
「この街は猫だく特盛りなんですよ」とか「この通りは週末、猫だくの犬抜きになります」とか言ってる図が。

 
At 01:10, Blogger sempreff said...

亀レスですまそ。

>doubting_thomas

いい図だ(笑)

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home