Wednesday, May 24, 2006

読破

しばらく本屋を見ないうちに溜まっていた千里眼シリーズを纏めて
読破した。最近の文庫本は高いよ。トホホ。しかしながら話自体は
映画を観るようにすいすいと進んで行くもので、単純に面白かった。

「死角」までの流れとは趣が異なっており、過去をほじくり返して
いろいろと舞台裏を説明してくれる。主要キャラも微妙に味付けが
変わっていて、さながらセカンド・シーズンといった印象であった。

個人的には、嵯峨の活躍が少ないのとマジシャンが出てこないのが
若干不満なのと、主人公の年齢が固定されたのが苦しいと思われる。
蒲生さんも心なしかちょっとばかりキャラが変わったように思える。

自分の判断を信じてそれを行動に移せる行動力には憧れるけれども、
実際我輩はそれほどの自信を持ち続けることはできない。御伽話の
ヒロインは所詮、お話の中の人物だ。自分には何ができるだろうか。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home