Tuesday, July 17, 2007

暗号

「暗号解読」も読破した。こちらは泣くポイントはあったけれども
涙腺は開かなかった。単純に、著者の説明の上手さに嫉妬を覚えた。
ペンキか。南京錠か。たとえ話もここまでピタリと嵌まると美しい。

コンピュータの世界を生業とする者なら、一読して背景やドラマを
垣間見ておくことをおすすめする。今後もまた、明かされなかった
歴史が暴露されることで過去の書き換えが発生するかもしれないが。

4 Comments:

At 13:08, Anonymous たの字 said...

電車乗ってる時間長いと本がゆっくり読めていいよな。

こっちの本は知らんかった。来週あたり図書館で借りてこよう。

 
At 13:24, Blogger sempreff said...

>たの字 殿

上巻と下巻に分かれてたんですが、補遺は下巻にまとまってるので、結局両方持って歩くという不思議な日々でした。

 
At 08:05, Anonymous ノブ said...

∩( ・ω・)∩ まさに暗号ですな
鮟鱇とか餡子。
観光、均衡、勲功、健康とかだめですか?

 
At 01:00, Blogger sempreff said...

>ノブ氏

数日がんばりましたが、解読できませんでした…

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home