Tuesday, July 24, 2007

書店

K 町の交差点にある、「武蔵書店」。このたび店仕舞いするらしい。
夜中の 26 時まで営業している、貴重な店だった。我輩はもっぱら
文庫本とコンピュータ雑誌しか買わなかったが、品揃えは良かった。

漫画だろうが文庫だろうが、ちらちらと数箇所を開いてみて感触を
確かめるたり、本棚に並んでいる姿を実際に見たりするのは大事だ。
本もオンラインで買える時代だが偶然の出会いはアマゾンにはない。

作家は減っていないだろうに、読者も減っていないだろうに、なぜ
本屋が店仕舞いなんだろう。後継者不足か。多様化の爆発が原因か。
意外と儲からないのか。何にしろ馴染みの店の閉店は寂しいものだ。

10 Comments:

At 22:46, Anonymous Lotsch said...

もしかして大学近くの?

三番目の理由という古い記事があった。

http://www.yukan-fuji.com/archives/2004/09/post_456.html

ブックオフのようなきれいにして売る古本屋や、盗難&転売、ハードカバーが受けないなど聞いたような気がするが、ちゃんと数字で示したものは上記記事しか見つからなかった。
よく行く本屋がつぶれるのは残念だね。大きい書店は健在だから、困るわけではないが。。

 
At 00:56, Blogger sempreff said...

>lotsch 殿

う〜ん、近いと言えますかね、あそこ?
そりゃぁ自転車なら、すぐですが…

本屋自体は街にはまだちらほらあるのですが、
深夜まで営業していてくれるお店は、貴重だったんですよ…(しんみり

 
At 23:54, Anonymous Lotsch said...

こちらもバイクだったからすぐという感覚で(笑

K町ならあそこだな。
夜の帰り道、食べたり読んだりしていたわけか・・
池袋北口中華街で食材屋とか面白い店を開拓して報告を。

 
At 02:48, Blogger sempreff said...

>lotsch 殿

I集院光氏もよくラジオであの本屋の話をしてました。
おそらく活動時間帯が一致していたのでしょう(笑

北池袋方面でまた呑みますか?かなり前に日程決めないと…、もう9月の連休まで仕事がミチミチですよ♪

 
At 13:06, Anonymous koetaro said...

もしかして赤いレンガか何かの門構えに
なっているあそこですか?
僕も何回か言った記憶があります。
自分の知っている店がなくなるとさびしいですね。
僕も実家に帰るたびにいろいろなものが
変わっているのにびっくりします

 
At 08:13, Anonymous ノブ said...

よく・・大きな本屋で売り切れになった場合、
あそこになら有るかも??と思い、ドキドキ
ワクワクしながらむかう町の小さな本屋さん
そんな感動が無くなってしまうのですね(TДT)

 
At 22:43, Anonymous Lotsch said...

ほう、ばったり会ったことはない?

いいね、飲み。ポスト本屋の寄り道スポット開拓がてら、いい店の開拓を。
エスニック系増えたよな。

そんなに仕事積まれて、職業病にならないよう。
10月土曜日あたりで設定するか。

 
At 01:29, Blogger sempreff said...

>こえたろ〜

そ、そ、交番の隣の隣。
「門構え」というか、まぁ煉瓦風の貼りタイルちっくな入口ではありますな。ちなみに2Fが歯医者だったか。そっちにお世話になったことはない(笑)

H台とかH台とか(おぉあのへんH台だらけだ :-)、あのあたりの変貌っぷりもドキドキするものがあるねぇ。住んでた街、育った街が変わっていくのは嬉しくもあり、寂しくもあり。

 
At 01:30, Blogger sempreff said...

>ノブ氏

そうなんですよ〜、読み忘れた月刊マガジンとかを、よく立ち読みしてました(違

 
At 01:33, Blogger sempreff said...

>lotsch 殿

夜中までやってる本屋を知ってたら、教えてください。
漫喫は多いくせに、本屋はなかなかないですよ…

呑みは連休ではないところで、ぜひ。

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home